【2023年5月最新情報】トヨタ車の納期総まとめ!いち早く納車する方法もこっそりご紹介

2023年5月現在、半導体を始めさまざまな部品不足によって、新車の納期はかなり長くなっています。

タッピー
特に人気を集めているトヨタ車は、長納期が続いていて購入するときには注意が必要。

余裕を持った購入をサポートするために、現役ディーラー営業マンがトヨタの人気車種に絞って最新の納期情報をご紹介していきます。

タッピー
また、「トヨタの新車をいち早く納車するための方法」「下取車を1万円でも高く売る方法」なども後半でこっそりご紹介していますので、再度までチェックしてみてください。

トヨタ車の最新納期を総まとめ

それでは、トヨタ車の人気車種に厳選して最新の納期をご紹介していきます。

タッピー
現在のトヨタ車納期の最新情報は、生産の回復により一時期よりは短縮傾向で、納期が早まり納車が早くなる傾向があります。

①ルーミー納期の最新情報

ルーミー画像

>>ルーミー納期の最新情報はこちら

②ヤリス納期の最新情報

ヤリス画像

>>ヤリス納期の最新情報はこちら

③アクア納期の最新情報

アクア画像

>>アクア納期の最新情報はこちら

④ライズ納期の最新情報

ライズ画像

>>ライズ納期の最新情報はこちら

⑤ヤリスクロス納期の最新情報

ヤリスクロス画像

>>ヤリスクロス納期の最新情報はこちら

⑥シエンタ納期の最新情報

シエンタ画像

>>シエンタ納期の最新情報はこちら

⑦カローラスポーツ納期の最新情報

カローラスポーツ画像

>>カローラスポーツ納期の最新情報はこちら

⑧カローラツーリング納期の最新情報

カローラツーリング画像

>>カローラツーリング納期の最新情報はこちら

⑨カローラクロス納期の最新情報

カローラクロス

>>カローラクロス納期の最新情報はこちら

⑩プリウス納期の最新情報

プリウス画像

>>プリウス納期の最新情報はこちら

⑪ノア納期の最新情報

ノア画像

 

>>ノア納期の最新情報はこちら

⑫ヴォクシー納期の最新情報

ヴォクシー画像

>>ヴォクシー納期の最新情報はこちら

 

⑬RAV4納期の最新情報

RAV4画像

>>RAV4納期の最新情報はこちら

⑭ハリアー納期の最新情報

ハリアー画像

>>ハリアー納期の最新情報はこちら

⑮ランドクルーザープラド納期の最新情報

ランドクルーザープラド画像

>>ランドクルーザープラド納期の最新情報はこちら

⑯アルファード納期の最新情報

アルファード画像

>>アルファード納期の最新情報はこちら

⑰ヴェルファイア納期の最新情報

ヴェルファイア画像

>>ヴェルファイア納期の最新情報はこちら

⑱クラウン納期の最新情報

クラウンクロスオーバー画像

>>クラウン納期の最新情報はこちら

⑲ハイエース納期の最新情報

ハイエース画像

>>ハイエース納期の最新情報はこちら

⑳GR86納期の最新情報

86画像

>>GR86納期の最新情報はこちら

トヨタの車をいち早く納車する方法とは?

車の買い方
タッピー
トヨタ車納期の最新情報がわかったところで、次にトヨタの車をいち早く納車する方法について解説していきます。

トヨタの車をいち早く納車する方法として「KINTO」が有名。

KINTOは、月額一定料金で車をマイカーのように利用できるトヨタのカーリース

タッピー
カーリースの特徴である定額払いのメリットとして、「初期費用の負担が少なく、税金や保険料、メンテナンス費用がコミコミ」という点が挙げられます。

しかし、それ以上に大きなメリットとして「納期が早い」という点が特徴。

タッピー
KINTOは、通常の納期枠とは別枠で設定されているので、普通にディーラーで注文するよりかなり早く新車に乗ることができます!

一般的に納期がかかるトヨタの新型車でも、格段に早く納車される車種もありますので、納期を急ぐ人はぜひ一度下記のURLをチェックしてみてください。

トヨタの新車が頭金0円で乗れちゃう!「KINTO」

✅頭金なし、月々定額!

✅自動車税・任意保険など、必要な費用がコミコミ!

✅愛車ポイントサービスでギフトがもらえる!




>>クルマのサブスクはKINTO

1万円でも下取車を高く売る方法とは?

中古車選びの注意点
タッピー
最後に、あなたが大事にしてきた「下取車を1万円でも高く売るための方法」をご紹介しておきます。

そろそろ新車の購入を検討しようかなという人は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前や行った後にでも、ネットで無料下取り見積りをしておくことを強くおすすめします。

新車の商談が始まると、営業マンから、

「今日契約してくれるならこの条件にします!」
「いま契約しないと納期がさらに遅れます!」

などとプレッシャーをかけられて、下取車価格をしっかりと吟味しないまま、話の流れで契約をしてしまうことが多いからです。

僕が言うのもなんですが、ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、新車の商談前にネットなどで買取見積りを取っておいて、ディーラーでの下取車価格の交渉材料として使うのがかなりおすすめです。

タッピー
でないと、下取車価格の相場がわからないですよね。。

買取店で出た査定価格を持ってディーラーに交渉に行くと、「値引き+下取車価格」が別々で交渉できるので、何も知らずに行くより良い条件が引き出せる可能性があります。

タッピー
ディーラーによっては、値引き金額が良くても下取車価格が悪いこともあるので、その場合は買取店に売却すれば良いですよね!

逆に、ディーラーでの下取車価格を出したあとで買取店に交渉に行けば、ディーラーの下取車価格を大きく上回る買い取り額を提示してくれる場合もあるわけです。

ちなみに、ここ最近テレビのCMやSNSでもよく目にするおすすめの買取りサイトはコチラ↓↓


>>中古車が高く売れる?/カーネクスト

1分程度の入力で、ざっくりとした下取車価格の相場がわかるのでとりあえず調べておいた方が良いと思います。

査定には、名前や電話番号などの個人情報の入力が必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。

あとで買取店から査定依頼の電話がかかってきますが、これは下取車を1万円でも高く売るために必要なことなのできちんと入力しましょう。

タッピー
ガチで売却価格を上げたい人は、「車種」「年式」「走行距離」「車検の残存期間」「事故・故障の有無」をきちんと伝えることが大事!車検証があればスムーズに査定ができますよ!
タッピー
「ディーラーの下取り価格よりも、数十万円も高く買い取ってもらえた」というケースはよくある話なので、かならず相談してみましょう。
ちなみに、カーネクストは値段のつきづらい10年落ち車や10万km以上走行車でも買い取ってくれますので、「下取車価格がない」と言われた人も一度相談してみることをおすすめします!

>>下取り0円の車も高価買取いたします!カーネクスト

 

タッピー
まじでディーラー1店舗だけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね!
タッピー
本気で1万円でも高く売りたい方は、ぜひお試しあれ!

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは当然のこと。

ただ、ネットの一括査定では、①電話がジャンジャン鳴ること②聞いたこと無い業者による高圧的な押し買い、などのストレスが挙げられます。

それらのリスクを避けるのには「MOTA一括査定」がおすすめ!


>>ラジオCM放送中!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

~MOTA一括査定のメリット~

①申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる

②ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる

③高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK

通常の一括査定サイトとどこが違うのかと言うと、エントリーした時点では電話がジャンジャンかかってくることはありません。

翌日の18時までに、複数の買取店(最大20社)から査定が上がってきて、その中から査定額が高い上位3社とだけ商談をすればOKという新しいサービス

タッピー
上がってきた査定額は、上位3社以外の金額も確認できるので、上位と下位の査定額にどのくらいの差額があったかも知ることができます。

その後、査定額上位3社だけから、実際に車を見て査定してもらうための電話連絡が入ります。

結局その3社からは電話はかかってくるのですが、通常の一括査定サイトよりは電話の件数が少なく、しかも査定額がある程度保証されている買取店からだけになるので、わずらわしさや胡散臭い業者はある程度この時点で選別が可能となります。

MOTA一括査定のデメリットとしては、

~MOTA一括査定のデメリット~

①翌日18時まで一次査定が上がってくるのを待たなくてはならないので、通常の一括査定サイトより時間がかかる

②結局現車を見ての査定勝負になるので、たくさんの買取店を集めたほうがビックリ価格が出る可能性もある

が挙げられます。

なので、一括査定に慣れている人は、通常の一括査定サイトを使ったほうが良い場合もありますし、一括査定に慣れていない人はMOTAを使ったほうが安心感があります

タッピー
カーネクストやMOTAは絶対活用した方があなたにとってメリットがあります!

めんどくさがらず、チャレンジしてみましょう!


>>ラジオCM放送中!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

まとめ

まとめ

今回は、トヨタ車納期の最新情報といち早く納車する方法などについて解説してきました。

タッピー
納車が「半年~1年以上先」というのは、待つ立場からするとかなり長く感じますし、その間に仕事やライフスタイルに変化があったりするものです。

「とてもそんなに長い期間待てない」という人は、「KINTO」などの方法も検討してみることをおすすめします。

また、下取車についても1店舗のみで決めるのではなく、「カーネクスト」「MOTA」などネットの買取店で相場を聞き、

その上でディーラーへ行って交渉することが大事です。

新車の納期が大幅遅れ?納期が遅れる2つの理由と対策をご紹介

2023年5月4日
通販型自動車保険

通販型自動車保険に加入しない方が良い人とは?万一の事故の際不利になるケースをご紹介

2023年1月28日

トヨタの新車を頭金0円で乗れちゃう!新車検討中の人は必見!

KINTOは購入でもシェアでもない、新しいクルマの持ち方。

トヨタのKINTOには、3つの大きな特徴があります。

✅頭金なし、任意保険もコミコミの月々定額!

✅自動車税・メンテナンス代など、必要な費用もコミコミ!

✅愛車ポイントサービスでギフトがもらえる!




>>クルマのサブスクはKINTO

来店不要!電話1本で無料査定・高価買取

✅来店不要。お電話1本で査定からご契約まで可能。

✅10年以上前のお車、走行10万km以上も大歓迎!

✅全国どこでも引取りに来てくれて、手続き無料です!


>>電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

ABOUTこの記事をかいた人

20年以上にわたり営業一筋、現役ディーラー営業マン。新車・中古車情報をはじめ、営業マンが教える車購入のノウハウ、現役営業マンしか知らないディーラーのマル秘裏情報もたまにご紹介。