中古車の買い方を徹底解説!初心者におすすめの3つの買い方とは?

中古車買い方

中古車を初めて購入する時、

「あの車欲しいんだけど、どこに行けば買えるの?」

「車買うのに何が必要?」

など、買ったことがないため、買い方のイメージがつきませんよね。

タッピー
また、車はとても大きな買い物なので、絶対に失敗はしたくないはず!

今回は、初心者の方が中古車を購入する際に、おすすめの買い方や絶対におすすめしない買い方、また初心者に安心の買い方などを徹底解説していきます。

初心者におすすめの3つの買い方とは?

中古車買い方

まず最初に、一般的な中古車の買い方は、おおまかに次の3つに分かれます。

中古車の買い方3選

・中古車検索サイトを利用する

・ディーラーで購入する

・中古車販売店で購入する

中古車検索サイトを利用する

「中古車検索サイト」とは、インターネット上で中古車を検索できるサービスのこと。

最も有名な中古車検索サイトは次の2つ。

・カーセンサー

・グーネット

どちらもCMでおなじみのサイトで、サービス内容も大きく変わるところはありません。

メーカーや車種、ボディタイプや価格、年式や走行距離、地域…といったさまざまな条件を入力することで、サービスに登録された全国各地の「中古車販売店」「ディーラー」といった業者の中古車在庫情報を見ることができます。

そしてサービス上から「見積もり依頼」「問い合わせ」などをすると、サービスを介して直接業者とつながり、メール返信や電話連絡があったりする仕組み。

しかし、契約自体はその業者とあなた自身がすることになるため、サービスの役割はあくまで「仲介」的なもの。

在庫問い合わせまでの流れに特徴があるため、その後は残り2つの方法である「中古車販売店」や「ディーラー」での購入手続きと変わりません。

中古車検索サイトを使うメリットとしては、

中古車検索サイトのメリット

・予算やどんなタイプの車が自分に合っているのか車種を絞り込みやすい

・年式や走行距離で絞り込むと大体の相場がわかる

・全国でも近隣でも欲しい在庫車を簡単に見つけることができる

といった使い方のメリットがあります。

検索することは無料で行えますので、ぜひ試してみてください。

ディーラーで購入する

「ディーラー」とは、自動車メーカーと契約することで「正規にメーカーの新車を販売できる代理店」となった店舗のこと。

タッピー
トヨタ、日産、ホンダ、マツダとか国産車でもいろいろとありますよね。

これらのディーラーは新車販売がメインですが、新車を販売してお客様から下取りとなった車を、中古車在庫として取り扱って販売しています。

ディーラーの下取車ということで、高年式で走行距離も少なく、とても状態の良い中古車を数多く取り揃えています。

また、ディーラーは自社メーカーの車の整備や点検に関して「専門性がとても高い」という特徴があります。

中古車販売店で購入する

「中古車販売店」とは、中古車の販売を専門としているお店のこと。

自社の下取車をはじめ、買取りやオークションで取り寄せた数多くの中古車をメーカーを問わず取り揃えています。

展示してあるさまざまな車の中から選択できるメリットはありますが、正直なところ店舗によってサービスにばらつきがあるのが現状。

タッピー
また、店舗の大小によっても在庫台数が異なり、小さすぎる業者によっては悪質(いわゆるぼったくり)な業者も存在します。

なので、中古車販売店で購入を検討する場合、何店舗か回ってみることで店舗の良し悪しがわかるはずです。

初心者でも安心の買い方をご紹介

これまで初心者におすすめの3つの買い方についてご紹介してきましたが、

✅ディーラーに行くのは敷居が高い

✅中古車販売店を回るのはめんどくさい

✅ネットでサクッと探したい

という初心者の方に、安心して中古車を探せる方法をご紹介!

その方法とは、中古車提案サービス「ガリバー中古車ご提案サービス」を使う方法です。

ガリバー中古車ご提案サービス

中古車買取実績NO.1、中古車販売台数120万台突破のガリバー「中古車ご提案サービス」

車種・年式・予算 等の簡単な入力で、 全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してくれます。2〜3分で入力完了する簡単で便利な無料サービス。

先ほどの「中古車検索サイト」で検索する方法と似ていますが、中古車検索サイトだと在庫がある店舗が遠方だったりと、なかなか近隣で探すのが難しかったりします。

しかし、ガリバーの「中古車ご提案サービス」、全国にある在庫車の中から自分の気に入った車を探すことができ、お近くの店舗で契約することができます。

✅予算100万円以内でプリウスがほしい

✅新古車みたいな軽自動車を探しています

✅通勤におすすめの車がほしい

タッピー
漠然としていても大丈夫なので、まずはネットか電話でサービスに申し込んでみましょう!

きっとあなたの理想に合った一台が見つかるはずですよ。

初心者に絶対おすすめしない中古車の買い方3選

中古車買い方

これまで初心者の方におすすめの買い方についてご紹介してきましたが、次に絶対おすすめしない中古車の買い方3選について解説していきます。

絶対おすすめしない中古車の買い方3選

・ネットオークションで購入する
・オークション代行を利用する
・個人売買で購入する

あまり聞き慣れないかもしれませんが、失敗したら大損しますので注意が必要です。

ネットオークションで購入する

「ネットオークション」とは、たとえば「ヤフオクやメルカリで個人出品している車」などです。

なぜおすすめ出来ないかと言うと、一言で言えば「責任の大きさ」

基本的に、ネットオークションでは現車確認ができません。

「こんな大きな傷があった」「タバコ臭がする」といったクレームがあっても返品することができません。

タッピー
購入後に何かトラブルがあっても、すべて自己責任になってしまうのです。

また遠方の場合、名義変更のやりとりや陸送の手配をしなければなりませんが、これらプロでもめんどくさいのが実情。

安いからと安易に購入して自前で手続きをしようとしても、お金だけ先に支払ったのに「手続きが全然進まず、いつまでたっても自分の物にならない」という事もざらにあるので注意が必要です。

オークション代行を利用する

「オークション代行」とは、オークションに出品されている車を代行して購入してくれるサービスのこと。

中古車販売店で中古車を購入する場合は利益が上乗せされるため高くなりますが、業者オークションの車を代行業者を通して購入すれば「ちょっとの手数料を支払うだけ」で車が手に入ります。

タッピー
つまり安く中古車購入ができるのです。ここまで聞くと魅力的な方法に感じますよね。

ですが、オークション代行も現車確認をすることはできませんし、購入前提のためキャンセルもできません。

タッピー
購入後のトラブルは、すべて自己責任になってしまうのです。

個人売買で購入する

最後に、店舗を通さずに個人間で車を売買する「個人売買」です。

「友人から車を買う」などのケースが当てはまりますが、基本的にノークレームです。

購入後に何かトラブルがあっても、すべて自己責任になってしまいます。

前のオーナーがきちんとメンテナンスをしてくれている人なら良いですが、乗りっぱなしの人だと購入後車の故障等のトラブルがあってもおかしくありません。

タッピー
また、そのトラブルを元にお互いの関係がギクシャクするケースも多々あります。

信頼のおける人からの購入ならまだしも、面識のない人からの購入はおすすめできません。

中古車購入の4ステップとは?

中古車買い方

これまで中古車の買い方について解説してきました。

タッピー
中古車の買い方について、だいぶ理解出来ましたか?

これからは、中古車購入の4ステップということで、「現車確認~納車までの流れ」をご紹介していきます。

中古車購入の4ステップ

・現車確認
・試乗・お見積り
・契約・必要書類の準備
・納車・支払い

現車確認

お目当ての車が見つかったら、かならず現車確認をしましょう。

タッピー
中古車は、現車を見てみないとわからないことがたくさん。

✅内外装の傷の有無

✅塗装のムラ

✅車内のにおい

✅タイヤの溝や電装関係の動作

まだまだチェックするところは多岐にわたります。

しっかりと現車確認をして、納得の上で購入手続きを行いましょう。

試乗・お見積り

現車確認のあとは、できれば試乗を依頼してみましょう。

タッピー
ナンバープレートがない場合など試乗ができないケースもありますが、やはり運転してみないとわからないこともたくさんあります。

その後に、お見積り提示です。

タッピー
お見積りを見て、車両本体価格だけでないことに驚くかもしれません。

中古車を購入する場合、税金や代行費用を含めた「諸費用」と呼ばれるものが別途必要です。

ですので、「車両本体価格+諸費用」が支払総額となります。

タッピー
また、値引き交渉も可能ですので、提示された金額で契約するのではなく、こちらから値引き交渉をしてみましょう。

契約・必要書類の準備

現車も気に入って見積り額にも納得がいけば、晴れて契約となります。

タッピー
契約自体は、注文書に署名捺印するといったシンプルなもの。

契約が済めば、あとは必要書類を後日速やかに準備して担当営業に渡します。

納車・支払い

必要書類の準備が完了したら、期日までに代金の支払いをしましょう。

タッピー
最近では、納車日までの支払いをお願いされるケースがほとんどですので、かならず期日までに支払いを済ませましょう。

あとは、車両の整備が完了しナンバー登録が済めば、待ちに待った納車になります。

中古車の場合、「契約~納車」までの日数がおおよそ2週間程度。

納車日には、車両の傷等のチェック、頼んだオプションなど契約に間違いがないか再度確認をしましょう。

1万円でも下取車を高く売る方法とは?

最後に、下取車がある場合その車を1万円でも高く売るための方法をご紹介しておきます。

そろそろ車の購入を検討しようかなという人は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前や行った後にでも、ネットで無料下取り見積りをしておくことを強くおすすめします。

車の商談が始まると、営業マンから、

「今日契約してくれるならこの条件にします!」
「いま契約しないと納期がさらに遅れます!」

などとプレッシャーをかけられて、下取車価格をしっかりと吟味しないまま、話の流れで契約をしてしまうことが多いからです。

僕が言うのもなんですが、ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、新車の商談前にネットなどで買取見積りを取っておいて、ディーラーでの下取車価格の交渉材料として使うのがかなりおすすめです。

タッピー
でないと、下取車価格の相場がわからないですよね。。

買取店で出た査定価格を持ってディーラーに交渉に行くと、「値引き+下取車価格」が別々で交渉できるので、何も知らずに行くより良い条件が引き出せる可能性があります。

タッピー
ディーラーによっては、値引き金額が良くても下取車価格が悪いこともあるので、その場合は買取店に売却すれば良いですよね!

逆に、ディーラーでの下取車価格を出したあとで買取店に交渉に行けば、ディーラーの下取車価格を大きく上回る買い取り額を提示してくれる場合もあるわけです。

ちなみに、ここ最近テレビのCMやSNSでもよく目にするおすすめの買取りサイトはコチラ↓↓


>>中古車が高く売れる?/カーネクスト

1分程度の入力で、ざっくりとした下取車価格の相場がわかるのでとりあえず調べておいた方が良いと思います。

査定には、名前や電話番号などの個人情報の入力が必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。

あとで買取店から査定依頼の電話がかかってきますが、これは下取車を1万円でも高く売るために必要なことなのできちんと入力しましょう。

タッピー
ガチで売却価格を上げたい人は、「車種」「年式」「走行距離」「車検の残存期間」「事故・故障の有無」をきちんと伝えることが大事!車検証があればスムーズに査定ができますよ!
タッピー
「ディーラーの下取り価格よりも、数十万円も高く買い取ってもらえた」というケースはよくある話なので、かならず相談してみましょう。
ちなみに、カーネクストは値段のつきづらい10年落ち車や10万km以上走行車でも買い取ってくれますので、下取車価格がないと言われた人も一度相談してみることをおすすめします!

>>下取り0円の車も高価買取いたします!カーネクスト

 

タッピー
まじでディーラー1店舗だけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね!
タッピー
本気で1万円でも高く売りたい方は、ぜひお試しあれ!

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは当然のこと。

ただ、ネットの一括査定では、①電話がジャンジャン鳴ること②聞いたこと無い業者による高圧的な押し買い、などのストレスが挙げられます。

それらのリスクを避けるのには「MOTA一括査定」がおすすめ!


>>ラジオCM放送中!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

~MOTA一括査定のメリット~

①申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる

②ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる

③高額査定の3社(最大)のみのやりとりだけでOK

通常の一括査定サイトとどこが違うのかと言うと、エントリーした時点では電話がジャンジャンかかってくることはありません。

翌日の18時までに、複数の買取店(最大20社)から査定が上がってきて、その中から査定額が高い上位3社とだけ商談をすればOKという新しいサービス

タッピー
上がってきた査定額は、上位3社以外の金額も確認できるので、上位と下位の査定額にどのくらいの差額があったかも知ることができます。

その後、査定額上位3社だけから、実際に車を見て査定してもらうための電話連絡が入ります。

結局その3社からは電話はかかってくるのですが、通常の一括査定サイトよりは電話の件数が少なく、しかも査定額がある程度保証されている買取店からだけになるので、わずらわしさや胡散臭い業者はある程度この時点で選別が可能となります。

MOTA一括査定のデメリットとしては、

~MOTA一括査定のデメリット~

①翌日18時まで一次査定が上がってくるのを待たなくてはならないので、通常の一括査定サイトより時間がかかる

②結局現車を見ての査定勝負になるので、たくさんの買取店を集めたほうがビックリ価格が出る可能性もある

が挙げられます。

なので、一括査定に慣れている人は、通常の一括査定サイトを使ったほうが良い場合もありますし、一括査定に慣れていない人はMOTAを使ったほうが安心感があります

タッピー
カーネクストやMOTAは絶対活用した方があなたにとってメリットがあります!

めんどくさがらず、チャレンジしてみましょう!


>>ラジオCM放送中!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

まとめ

まとめ

今回は、中古車の買い方を徹底解説!初心者におすすめの3つの買い方とは?というテーマで解説してきました。

初めて車を購入する場合、買い方や必要書類などわからないことがほとんど。

タッピー
しっかり事前に買い方の流れを理解し、後悔のない車選びをしてくださいね!
車を高く売る方法

【2024年3月最新】あなたの愛車を1万円でも高く売る具体的方法とは?

2024年2月15日

トヨタの新車を頭金0円で乗れちゃう!新車検討中の人は必見!

KINTOは購入でもシェアでもない、新しいクルマの持ち方。

トヨタのKINTOには、3つの大きな特徴があります。

✅頭金なし、任意保険もコミコミの月々定額!

✅自動車税・メンテナンス代など、必要な費用もコミコミ!

✅愛車ポイントサービスでギフトがもらえる!




>>クルマのサブスクはKINTO

来店不要!電話1本で無料査定・高価買取

✅来店不要。お電話1本で査定からご契約まで可能。

✅10年以上前のお車、走行10万km以上も大歓迎!

✅全国どこでも引取りに来てくれて、手続き無料です!


>>電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】