新型アルファードの納期はかなりかかる見通し!最新情報をご紹介

タッピー

こんにちは!タッピーです。

 

トヨタの最上級ミニバンであるアルファードが2017年12月25日に

ビッグマイナーチェンジをして、

2018年1月8日から生産開始となりましたね。

 

今回のマイナーチェンジでは、先進の安全装備が全車標準装備になる上に、

デザインもゴージャスさを残しつつ、よりダイナミックになったデザインに進化しました。

 

早くから先行予約も開始され、すでにかなりの納期がかかる見通しです。

そんな魅力たっぷりの新型アルファードの最新情報についてのご紹介です。

新型アルファードの納期はかなりかかる見通し!最新情報をご紹介

アルファードの歴史を振り返ってみよう!

 

新型アルファードを見る前に、ここでアルファードの歴史について振り返ってみたいと思います。

 

初代アルファード

初代アルファードは、2002年5月22日に発売されました。

テレビCMではジャン・レノが出演していましたよね。

月間目標販売台数は4,000台。

 

当時の競合エルグランドは、モダンでクリーンなインテリアが売りでしたが、

アルファードは面積の広いウッドパネルを使用し日本人好みの豪華さで勝負しました。

 

プラットフォームは2代目エスティマのものを流用して、コストダウンと生産効率を両立。

エンジンは横置きエンジンによるFFが基本となりました。

 

全車にパワーウィンドウ付き両側スライドドア、イージークローザー、

リモコン開閉が可能なパワーウィンドウを装備。

リモコンパワースライドドアや日本車初のパワースライドドアが設定され、

ご覧になられたお客様を喜ばせました。

 

2003年7月には、ハイブリッド車を追加してさらに富裕層のお客様獲得に寄与しました。

 

2代目アルファード

初代アルファードから約6年ぶり、2008年5月12日にフルモデルチェンジした2代目アルファード。

 

プラットフォームは3代目エスティマと共通。2.4L直4のエンジンは継続されたが、

3.0LのエンジンはV6のエスティマと同じ3.5Lエンジンに改められました。

月間目標販売台数は3,000台。

 

この2代目より、アルファードは「G」や「V」といったネーミングがとれてトヨペット店のみの専売車種になり、

ネッツ店は「V」を引き継いで、新たにヴェルファイアの名称が与えられました。

 

またこのモデルより、「350S Cパッケージ」にはエグゼクティブパワーシートと呼ばれる

上級仕様のキャプテンシートが備わり、今でいう所の「Executive Lounge」の始まりと言えるでしょう。

 

3代目アルファード

2代目アルファードから約6年半ぶりの2015年1月26日、兄弟車のヴェルファイアと共にフルモデルチェンジ、

3代目アルファードの登場です。

 

開発のテーマは、「大空間高級サルーン」でミニバンとしてではなく

一つの高級車として磨き上げ、開発されました。

 

外観には、見た瞬間にアルファードと分かるド迫力なフロントデザインに

ロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリルを採用。

 

CMには本木雅弘と北川景子が出演。優雅で高級感溢れるCMが話題を呼びました。

 

2.4Lガソリンエンジンは2.5Lに置換され、Super CVT-iに7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを備えたほか、

アイドリングストップ機能も設定されました。

 

このモデルより安全装備も強化され、インテリジェントクリアランスソナー、プリクラッシュセーフティーシステム、

世界初の機能を備えたパノラミックビューモニターやインテリジェントパーキングアシストなども

一部グレードに設定されました。

 

アルファードにおすすめのナビはこれだっ!取付けできる純正ナビと社外ナビのご紹介

2017年9月12日

ビッグマイナーチェンジした新型アルファードの変更点

 

今回のマイナーチェンジで変更となった点は以下の通りです。

【主な変更点】

・バンパーやグリル、ヘッドライトなどの外観デザインの大幅変更

・エアロボディに最上級グレード「Executive Lounge S」を追加

・先進安全装備「Toyota Safety Sense P」の全車標準設定

・流れるウインカー(シーケンシャルターンランプ)の採用

・3.5L V6エンジンの改良

 

今回のマイナーチェンジでは、外観の変更、衝突回避システムの搭載、

新エンジンの搭載など大きな変更が多数あるビッグマイナーチェンジとなっております。

 

バンパーやグリル、ヘッドライトなどの外観デザインの大幅変更

 

バンパーやグリル形状を変更し、旧型で磨きをかけた、「高級・ダイナミック」なイメージをさらに進化させました。

 

 

リヤガーニッシュとリアコンビネーションランプの形状を変更して、低重心感を強化しています。

 

 

エアロボディに最上級グレード「Executive Lounge S」を追加

 

今回、エアロボディに「Executive Lounge S」という最上級グレードを追加しました。

今までになかった「Executive Lounge」のエアロバージョンです。

 

 

「Executive Lounge S」のインテリアです。画像は、内装色のブラック&ホワイトです。

 

 

 

先進安全装備「Toyota Safety Sense P」の全車標準設定

 

新型アルファードには、先進安全装備として

トヨタ最新の衝突回避システム「トヨタセーフティーセンスP」を

全車標準装備しました。

 

トヨタセーフティーセンスPは、ミリ波レーダーと単眼レーダーを搭載することで先行車だけでなく

歩行者も検知してくれる、より精度の高い最新の衝突回避システムです。

 

 

流れるウインカー(シーケンシャルターンランプ)の採用

 

レクサス車でよく見かけるウインカーを作動した際に進行方向へ流れるように光るウインカー、

トヨタではハリアーやC-HRに採用されたLEDシーケンシャルターンランプを

メーカーオプションとして設定しています。

 

 

3.5L V6エンジンの改良

 

新型アルファードに搭載されるV型6気筒の3.5Lエンジン。

トランスミッションには8速オートマチック(Direct Shift-8AT)が採用されました。

 

パワートレインおよびトランスミッションの変更により、これまで以上に力強い走行が可能な上、

極限まで高めた熱効率により燃費性能が向上しました。

 

 

新型アルファードの納期はかなりかかる見通し

そんな新型アルファードですが、発売前から先行予約がされていて、

既に納期はかなりかかるとのことです。

 

2017年12月28日現在、納期は3か月程度かかる見通しです。ガソリン車よりHV車の方が少し納期は早い様子。

特に、「Executive Lounge」については生産枠が少なく、さらに納期がかかる恐れがあります。

 

タッピー
まあ、人気車種なんで気長に楽しみにしながら待ちましょうか…。
~追記~ アルファードの納期はその後かなりかかってきております。
2018年2月26日現在 納期は6月以降の生産ということで、4か月程度かかる見通しです。特に3眼LEDヘッドライト付きは人気が高く、納期もその分かかるようです。ガソリン車よりHV車の方が若干納期は早い様子。


まとめ

 

今回、3代目より約3年ぶりにビッグマイナーチェンジした新型アルファードについてご紹介してきました。

発売前からかなり注目視されていたアルファードのモデルチェンジ。

 

先代のアルファードの品格やゴージャスさを残しつつ、よりダイナミックに生まれ変わったデザインが男心をくすぐりますね…。

また各種改良により、操縦安定性や乗り心地、静粛性もかなり向上しているとのこと。早く新型アルファードを試乗してみたいものです。

 

お小遣いが増えるかも…^^

↓↓↓興味がある方はこちらの記事もどうぞ↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA