ライズのマイナーチェンジでハイブリッドが登場!その最新情報を徹底解説

ライズ1

ここ最近、キャンプなどのアウトドアブームに伴って、各メーカーもSUV車を続々と登場させていますね。

数あるSUV車のなかでも、コンパクトボディーでとても使い勝手の良い「ライズ」は人気車種のひとつ。

そのライズが、2021年11月1日にマイナーチェンジに伴い待ちに待ったハイブリッドグレードを追加

新型ライズの気になる性能や燃費などについて詳しくご紹介いたします。

新型ライズのハイブリッド車とは?

ライズ1

出典:https://toyota.jp/

これまで、お客様からよくこんなご質問がありました。

「なんでトヨタには、コンパクトカーにハイブリッド車がないの?」

そうなんです。

トヨタのコンパクトカーにはハイブリッド車がなかったのですが、この度ついに新型ライズでハイブリッド車が登場。

新型ライズのハイブリッドシステムには、「e-SMART ハイブリッド」というシステムが採用。

また、エンジンは新開発の1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)+モーターを搭載。

効率のよい回転域での発電を可能にする、発電専用のエンジンを搭載しています。

燃焼室内に高速の渦を発生させる「⾼タンブルストレートポート」により最⼤40%という⾼い熱効率を実現。

発電専用エンジンで作られた電力を使用し、100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用しています。

新型ライズの気になる燃費は?

ライズ2

出典:https://toyota.jp/

気になる新型ライズの燃費はと言うと、ハイブリッド車2WDで「WLTCモード28.0km/L」。

ちなみに、ガソリン車2WDの場合だと「WLTCモード20.7km/L」。4WD車では「WLTCモード17.4km/L」という低燃費性能を実現しています。

SUVは一般的な乗用車に比べてボディサイズが大きいので、

「燃費が良くない…」

というイメージを持っている方も多いと思いますが、エンジンの軽量化や燃焼技術の向上で、低燃費と力強い走りの両立が可能になったのです。

特に、新型ライズのハイブリッド車はクラストップレベルの低燃費です。

新型ライズのハイブリッドシステムは、先ほどお伝えした100%モーターの力で走行する「e-SMART ハイブリッド」を搭載していますので、きびきびした走りと優れた静粛性を実現しています。

また、ブレーキペダルを踏まずに速度を幅広く調節できる「S-Pedal」は、回生ブレーキを強め効率よくエネルギーを回収することで、気持ちの良い走りと低燃費の両立に貢献しています。

このように新型ライズのハイブリッド車は、これまでのガソリン車に比べさらに力強い加速性能とクラストップレベルの低燃費を両立した新しいコンパクトカーSUVと言えるのです。

新型ライズのスペックやグレードについて

ライズ3

出典:https://toyota.jp/

これまでのライズは1.0Lのガソリン車のみでしたが、新型ライズは3つのラインナップ。

新型ライズのラインナップ

●1.2Lのガソリン車(2WD)

●1.2Lのハイブリッド車(2WD)

●1.0Lターボのガソリン車(4WDのみ)

これまでの1.0Lターボのガソリン車(2WD)モデルを廃止して、新たに1.2L直列3気筒エンジンを搭載したガソリン車(2WD)1.2L直列3気筒エンジンにモーターを搭載したハイブリッド車(2WD)が登場。

グレードで言うと、X”S”グレードを廃止しています。

今回のラインナップでは、1番人気はハイブリッド車の「Z」グレードになりそうです。

ちなみに、新型ライズのGグレード(2WD)ハイブリッド車とガソリン車を比較すると、ハイブリッド車はWLTCモードで28.0km/Lで、ガソリン車は20.7km/L

1リッターあたり7.3kmの差があり、新型ライズのGグレード(2WD)ハイブリッド車とガソリン車の価格差は30.6万円です。

お車の使用頻度や走行距離を考慮して、どちらを購入すべきか検討してみてくださいね。

新型ライズの快適性や乗り心地は?

ライズ4

出典:https://toyota.jp/

最後に、新型ライズの快適性や乗り心地についてお伝えします。

新型ライズのハイブリッド車に搭載された「e-SMART ハイブリッド」は、エンジンで発電された電力でモーターを駆動させ、素早い応答とトルクを発揮します。

それによりきびきびとした走りを実現し、スムーズな発進で追い越し時にも余裕のある加速性能を確保しているので乗り心地も快適。

さらに「S-Pedal」の搭載により、ブレーキペダルを踏まずに速度を幅広く調整できるので、運転手も同乗者も快適なドライブを楽しむことができます。

他にもボディの随所に遮音材や制振材の最適配置をし、ロードノイズと風切り音を低減しています。

Zグレード、Gグレード(ハイブリッド車のみ)に標準装備された、 電動パーキングブレーキやブレーキホールド も快適なドライブをサポートしてくれます。

また、これまでのライズの大きな特徴として、コンパクトSUVクラストップレベルの大容量荷室スペースがあります。

トランクの広さと使い勝手に重点を置いた2段デッキボード構造を採用。

デッキボードの上段はフラットな設計となっているため、荷物の出し入れがしやすい構造となっています。デッキボードの下段には、買い物カゴや洗車セットなどを積み込んでおくと便利。

さらに付け加えると、車内のあらゆるところに収納機能が備え付けられています。

従来の車にも標準装備されているカップホルダーや助手席グローブボックスの他に、助手席シートアンダートレイやセンターコンソールサイドポケットも完備。

助手席シートアンダートレイには靴を収納することができるので、車内では靴を履かずにリラックスすることができます。

なおライズは大きく見えますが、実は5ナンバーサイズなので運転がしやすく狭い道もスイスイ運転することができます。

ワンクラス上の大径サイズのタイヤでSUVらしい力強さを出しつつ、小回りがきく優れた取り回しを実現しています。

新型ライズは、運転に自信のない方や女性にもおすすめの運転しやすいコンパクトSUV車だと言えます。

まとめ

今回は、2021年11月1日に発売した新型ライズについて、気になるハイブリッド車の燃費をはじめスペックやグレード・乗り心地について解説してきました。

新型ライズは、SUVらしい力強いスタイルを機能性を持ちながら、低燃費で運転しやすい人気のコンパクトSUV車です。

買い物程度の使用はもちろん、アウトドアや家族そろってのお出かけにも最適の車。

ぜひ実際に、現車を確認して新型ライズの良さをご体感ください。



ABOUTこの記事をかいた人

20年以上にわたり営業一筋、現役ディーラー営業マン。新車・中古車情報をはじめ、営業マンが教える車購入のノウハウ、現役営業マンしか知らないディーラーのマル秘裏情報もたまにご紹介。