ハイエースにおすすめのナビはこの4つ!取付けできる純正ナビと社外ナビを徹底解説

ハイエース画像
タッピー
トヨタの商用車といえば「ハイエース」ですよね!海外でも非常に人気が高く、日本車の中でも有名な世界戦略車です。

商用目的はもちろんですが、アウトドア用や普段乗りの車としても人気が高いです。

ハイエースの最大のメリットは、人も荷物もたっぷりのせることができること。

そんなハイエースをご購入いただいたお客様、ナビはどんなナビを取付けされているのでしょうか?

タッピー
ハイエースはもともとが商用車なので、一般的な普通車ほどナビの種類も豊富に取り揃えておりません。

ハイエースのカーナビ選びで良くある悩みとは?

・ほとんど種類がない中、純正ナビにするべきか社外ナビにするべきか?

・機能や性能はどう違うのか?

・社外ナビにするならどれがおすすめか?

などでしょうか。ナビも日々進化しており、いまお使いのナビと比べてどう変わっているのかも気になりますよね。

今回は、そんなハイエースに取付けできるおすすめナビのご紹介です。

ハイエースにおすすめのナビはこの4つ!取付けできるナビのご紹介

ハイエース画像

ハイエースに取付けできる純正ナビとは?

まずは純正ナビのご紹介です。ハイエースに取付けできる純正ナビはたったの2種類。

T-Connectナビの7インチモデルエントリーナビ7インチモデルのみ。それぞれご紹介して行きます。

・T-Connectナビの7インチモデル

Tコネクトナビ7インチ

まずはT-Connectナビ7インチモデル(NSZT-W66T)です。

テレビはもちろんフルセグ、3年間地図更新が無料になるマップオンデマンドがあり、DVD観賞やSD音楽・動画も再生可能です。音楽録音も対応しています。

タッピー
T-Connectとは、トヨタとつながるサービスです。

トヨタスマートセンターと通信でつながることで、ドライバーと対話する「エージェント」が全く新しいドライバーとクルマの関係を実現しました。

また様々なアプリをお客様が選択してカーナビにインストールできる「Apps(アップス)」や、安心・安全を基軸とした「オンラインケア」の各種サービスにより快適なドライブができるようになります。

さらに、スマートフォン向けのアプリで24時間365日お客様のカーライフをサポートします。

タッピー
価格は工賃込みで17万円前後と、最近多い社外ナビなんかと比べると決して安くはありません。

「カーナビはやはり純正ナビ」と言うお客様にはピッタリで、性能は充実していますし、まず第一におすすめするナビです。

・エントリーナビの7インチモデル

エントリーナビ

T-Connect機能は一切なく、ナビの基本的な機能がメインのエントリーナビ7インチモデル(NSCD-W66)です。

タッピー
テレビはワンセグ、DVD観賞などはできません。

価格は工賃込みで11万円前後と純正品としてはお買い得なモデルです。

カーナビは、難しくなく基本的な機能だけで十分と言うお客様には良いと思います。

ハイエースに取付けできるおすすめ社外ナビとは?

ハイエース専用7型200mmワイドアルパインナビ

アルパイン7インチナビ

社外ナビでいち押しは、なんと言ってもハイエース専用7型200mmアルパインナビ です。

2017年8月にモデルチェンジして新型アルパインナビが発売となりました。

アルパインがハイエース専用にチューニングを施したカーナビで、ナビとしての機能を高めながら、使いやすさと美しさを両立。地デジ対応、音楽録音などスペックは純正のT-Connectナビとほぼ一緒です。

バックカメラやステアリングスイッチにも対応しています。

タッピー
価格も同スペックの純正ナビと比べてかなりお安くなっております!

「高性能でインパネ周りとマッチしたナビを出来るだけ安い予算で買いたい!」っという方にはかなりおすすめな社外ナビです。

11型フローティングアルパインナビ ビッグX11登場!

アルパイン11インチナビ
タッピー
なんとハイエースに11インチモデルのアルパインナビが2018年1月に発売しました。なんとデカい!

薄型液晶ディスプレイがまるで空間に浮かび上がるような「フローティング構造」を採用。

カーナビ本体をインパネのオーディオスペースにビルトインで収納し、ディスプレイ部を独立させることで大画面化を実現。

7型カーナビの液晶画面と比べて2倍以上の大きさを誇る11型大画面。

地図を表示しても、映像を映し出しても、目の前に広がる世界はまさに圧巻です。

地デジ放送やDVDなどを視聴する際も、クルマの中とは思えないダイナミックかつ臨場感あふれた映像を楽しむことができます。

アルパインナビハイエース専用8型ビッグX

アルパイン8インチナビ

新型のハイエースにアルパインナビハイエース専用8型ビッグXを取付けした画像です。

パネルごと専用パネルに交換していますので、見た目にもキレイに収まっています。

タッピー
エンジンをかけて、最初の立ち上がりの画面もカッコいいですね。

こちらは、後席モニターです。

アルパイン12.8インチ後席モニター

12.8型のプラズマクラスター搭載後席モニターです。

タッピー
何と言っても、デカい!!

後席モニターを開いていると、運転手の方は後方が見れません(笑)。

まとめ

まとめ

今回ハイエースに取付けできるナビについてご紹介してきました。

ハイエースは、純正のナビのラインナップが少ないので社外ナビがおすすめです。

タッピー
社外ナビのメリットはやはり純正ナビと同スペックで低価格なとこ!

純正ナビにするか、それとも社外ナビにするか…。

それぞれ良い点ありますので、どこを重視されるかよくご検討してお選びいただければと思います。

ハイエース画像

【2023年1月最新情報】ハイエースも納期遅れ!契約時に気をつけたい3つのポイントとは?

2022年12月31日

トヨタの新車を頭金0円で乗れちゃう!新車検討中の人は必見!

KINTOは購入でもシェアでもない、新しいクルマの持ち方。

3つの大きな特徴があります。

✅頭金なし、月々定額!

✅自動車税・任意保険など、必要な費用がコミコミ!

✅愛車ポイントサービスでギフトがもらえる!




>>クルマのサブスクはKINTO

来店不要!電話1本で無料査定・高価買取

✅来店不要。お電話1本で査定からご契約まで可能。

✅10年以上前のお車、走行10万km以上も大歓迎!

✅全国どこでも引取り、手続き無料!



>>電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA