【成功物語2】道が開けず、もがき苦しんだ日々…

タッピー

こんにちは!タッピーです。

 

今回は【成功物語2】道が開けず、もがき苦しんだ日々…ということで、

 

インターネットマーケティングにたどり着くまでに、

 

私が右往左往しながら、もがき苦しんだ日々をご紹介します。

【成功物語2】道が開けず、もがき苦しんだ日々…

【成功物語1】前回のおさらい

 

色々と思い悩み私が最終的に選択した道は、

 

「仕事は成功するまで続けて、とりあえず起業家としてのスキルを学びながら、

自分自身で稼いで行ける手段を身に付けよう!」と思ったのです。

 

そこで私が数ある選択肢の中から選んだのが、

インターネットマーケティングなのです。

【成功物語1】私が会社務めを辞めようと決意した理由とは…

2018年3月20日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

しかし、私もいきなり起業家を意識したり、

 

インターネットマーケティングの道に進んだわけではありません…。

 

そこに至るまで、どうすれば良いのか分からず、

右往左往しながらもがき苦しみ、

道が開けるまで数年がかかりました…。

 

まずは行動、何か資格をとろう!

 

今となっては、とても浅はかだったと思いますが、

 

当時の私はまず最初に、自分を試すという意味でも

何か資格を取ろうと思い始めたのです。

 

よくあるパターンですよね…。

 

思い返せば、一番最初に取得しようと思ったのが、

危険物取扱者の資格でした(なんでこれだったんだろう…)。

 

私は学生時代理数系が得意で、

特に高校生時代は化学が得意だったので、

化学反応式なんかにはとても興味がありました。

 

「とりあえず、自分の興味があることから挑戦してみよう!」

 

と、ユーキャンで資格取得の講座申込みをして、

送られてくる試験対策本の勉強を始めました。

 

しかし、これは長くは続かず、試験も受けることはありませんでした…。

 

なぜかと言うと、試験日が土日だったためです…。

 

今でこそ、休日はそこそこ休めるようになりましたが、

数年前まで当社では、その月のノルマが達成していなければ…、

 

休日出勤が当たり前!

土日に休みを取るなど身内に不幸があった時ぐらい…

 

そんな時代でしたので、試験日が土日ということを知って

「試験受けれないじゃん…」と、急にやる気がなくなったのです…。

 

 

その次にチャレンジしたのが大型自動車免許。

 

これは、仕事がらあって損はない資格なので、

受講料25万円ぐらい支払い、自動車学校に通うこととなりました。

 

この大型自動車免許は大金を支払っているということもあり、

休日には必ず学校に通い、試験も一発で合格しました。

 

しかし、よくよく考えると大型自動車免許をとっても、

現状は何も変わりません…(早く気づけよ!)。

トラックの運ちゃんになりたいなら良かったのでしょうが…

 

その後、つい最近まで通っていたのがパソコン教室です。

 

やはり、何をするにもパソコンは切っても切り離せず、

必ず必要なスキルだと思ったのです。

 

ですので、毎週毎週休みの日の午前中はパソコン教室に通い、

パソコン自体の基礎知識やオフィス全般の資格を取得しました。

 

また、ホームページ作成やブログ作成などなど、

今に至る基礎となるようなことも学ぶことができ、

数年間通い続けて本当に良かったと思っています。

 

ここまでで、数年の月日が経っています。

色々とスキルアップのために遠回りをしましたが、

このあと、衝撃の出会いがあるのです。

 

ネットがきっかけで衝撃の出会い

 

パソコン教室に通い、パソコンのスキルが上がったお陰か…

 

自分で中古パソコンを買い、何も入ってない状態から、

オフィス製品を入れたり、必要なツールを入れたりと、

パソコンの基本的な設定ができるようになっていました。

 

またプログラミングにも興味を持ち、

独学ながらHTMLなどの書籍を読んだりしていました。

 

そして、この頃からデュアルモニターを使うようになりました。

 

そしてある時、「サラリーマン」「副業」なんかでググっていた時…

まず最初の衝撃の出会いをしたのです。

 

だいぽんさんの「会社に雇われず豊かに暮らす」という書籍です。

 

「会社に雇われず、豊かに暮らす…」

「これって、自分が思っていた通りのことじゃん!」

 

とても衝撃でした…。

 

誰にも心の内をさらけ出したことはなかったので、

「全く同じようなことを考えている人がいるんだ~。」

と心底嬉しくなりました。

 

と同時に、

「待てよ、これって良くある詐欺じゃないのか…」

 

まだこの頃、このようなネットビジネスに抵抗があったので、

すんなり受け入れることが出来ませんでした…。

 

ただ、何となくそのフレーズに興味が沸き、

「無料だし、騙されたと思って登録してみるか…。」

と、メールアドレスを登録して書籍をダウンロードしたのです。

 

だいぽんさんとの出会い

 

だいぽんさんの書籍には、一貫して「自由」という言葉が出てきます。

 

もともとだいぽんさんは私と同じ地方の出身で(場所も近い…)、

パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育ったそうです。

 

バイトで貯めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。

 

お金を稼ぐためにさまざまなアルバイトを経験。

 

そんな中で、「自由になりたい!」という強い思いから、

空いた時間を利用してアフィリエイトを始める。

 

そして、4か月目でなんと月収100万円を達成。

 

その後、半年後には月間報酬295万円を達成し、

情報商材系ASPのインフォトップランキングで1位を記録。

 

その後も数々の実績を作る…。

 

と、何とも夢物語のような書籍となっていますが、

作り話ではなくだいぽんさんの実話であり、

 

この書籍を読んで行くうちにとても親近感が湧いてきました。

 

地方出身の貧乏生活を送る普通の大学生が、

ネットビジネスだけでのし上がっていく…。

 

「これなら自分も本業をしながら出来るんじゃないか…」

「パソコンのスキルさえあれば自分にも出来るんじゃないか…」

「自分もだいぽんさんのように自由をつかみ取りたい!」

「自分にはネットビジネスの道しかない!」

 

だいぽんさんのこの書籍、一気に読みまくりました。

 

この日をさかいにネットビジネスについて

真剣に調べまくりました。

 

また、休日には図書館に行き、パソコン関係の書籍と

ネットビジネス書を読みまくったのです。

 

加藤将太さんとの出会い

 

そして、私の中で衝撃の出会いと言っても過言ではない、

加藤将太さんという人を知ることとなるのです。

 

その加藤さんとの出会いの懸け橋となったのが、

だいぽんさんなのです。

 

だいぽんさんと加藤さんは当時から友人だったみたいで、

だいぽんさんからある時、一通のメールが届いたのです。

 

「友人の加藤さんが次世代起業家育成セミナーという

無料セミナーを行っているので興味がある方はどうぞ!」

 

そのメールが届くまで、加藤さんの存在は知らなかったのですが、

「次世代起業家育成セミナー」という当時の私にはとても興味を引く

タイトルだったので、すぐさま無料セミナーに登録したのです。

 

これが私の人生の岐路で、インターネットマーケティングへの

第一歩となるのです。

 

この続きは【成功物語3】に続きます…

【成功物語3】ネットビジネスの道が開ける

2018年3月28日






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA